昨日の日曜日は朝からたくさんの涙を流しました。

五郎の弔辞で涙を流し、安住さんのラジオで涙を流し、午後は娘と市民プールに行き、娘の成長に心を打たれました。ここ最近、40代の過ごし方にいろいろと反省をすることややり残したことがあるような気もするのだけれど、娘の成長に寄り添うという、とりえあずの目的は達せられたのかなと思うと、これでよかったのかなと思うことにしました。いつもいつもベストな選択ができるわけではないからね。結果オーライならそれでよしとしなければ。

安住さんのラジオは生で聞いていたのだけれど、なんというか、本当に心が揺さぶられました。詳しくは書けないのでじれったい表現になるけれども、自分にも、少なくとも一般ビーブルがブログには書くようなことではない似たようなことがありましたが、彼のことを忘れずにいようと改めて思いました。