(大阪司法書士会3126号 大阪行政書士会7068号)

契約書の作成

報酬規程(税抜表示)
個人用契約書
双方個人10,000円
基本設定・A42枚まで(40×40)
【加算】
・A41枚につき5,000円
業務用契約書「事業者」対「個人」
・事業者の一般顧客に対する書類
15,000円/基本報酬
「事業者」対「事業者」
・その他、法人内部契約書など
30,000円/基本報酬
基本設定・A42枚まで(40×40)
【加算】
・A41枚につき5,000円
・事業者は「法人」の他、「個人事業主」も該当します。

 

 契約書作成の相談と法律相談の違いについて

【法律相談】(1H:3,000円税抜)

  • 「契約書(示談書・合意書)」等を作るべきか」  
         (または、内容証明にすべきか、支払督促にすべきか・・・
  • 「契約書を作るとしたらどうすればよいのか」
      (形式の問題:私文書でよいのか、公正証書にすべきか・・)
【契約書作成】(上記報酬表参照)

  • 「どのような契約書を作るべきか」
  • 「内容の問題:賃料・利率などの定めはどうすべきか・・」
  •  「どういう文言を入れておけばよいのか」
          ・(契約書によります)

 つまり、契約書作成に至るまでの事情の相談は「法律相談」であり、契約書の内容そのものの相談は「契約書作成」ということになります。
 
<あらかじめご確認下さい>

  • 印紙等の貼付は依頼者側でお願い致します。
  • 完成した文書は紙で作成したものの他、データ(Word文書)でお渡しします。
     (原則、メールに添付します。またはUSB等をご持参下さい)

 

キャンセルについて

  • 文書検討前の解約は法律相談(1H:3,000円税抜)として清算します。
  • 途中解約の場合は上記の報酬規程に応じた額が請求額となります。
     (作成したデータはお渡しします)