本文へスキップ

吹田市 豊中市 箕面市 身近な法律のご相談は
     TEL: 06-6310-8846

親子間贈与(住宅用資金)

 制度の概要・要件について

この制度は、親子間贈与における相続時精算課税制度のうち、
住宅資金の贈与について、特に適応要件を緩和したものです。


【特例の特徴】
 @ 親の年齢制限(65歳)がない。
  
  子供(子供がいないときは孫)は20歳以上(贈与の年の1月1日於)要件あり。
 A 控除枠の拡大(2,500万円 → 3,500万円)
 <例えば、住宅取得資金として4,000万円贈与を受けた場合の贈与税について>

@ 2,500万円は相続時精算課税の控除枠で処理         非課税

A 1,000万円は住宅資金の特別控除枠で処理          非課税

B 残りの500万円について、贈与税(一律20%)が必要     100万円

  
<必要となる要件>
目的要件  自己の居住の用に供する一定の家屋を取得するための資金

自己の居住の用に供する家屋の一定の増改築のための資金

    簡単にいえば「これから自分が住む家を建てるか、増築するか」する場合
 
支出要件 贈与を受けた翌年3月15日迄に、その金銭の全部を上記費用に充てること
居住要件 贈与を受けた翌年3月15日迄に、その住宅に居住しているか又は居住することが確実なこと

 当事務所の報酬規定について

  所有権移転(不動産の名義変更・名義書き換え) 38,000円
  贈与契約書の作成 10,000円
 固定資産税評価証明取得 (依頼者がご用意頂ければ不要) 1,000円

登記の前後で登記事項証明書実費が必要です】(1筆につき)
 取得する登記事項証明書 印紙税
 登記申請前
(事前確認)
 
 インターネット謄本(※) 337円
 登記完了後 
(事後確認・証明) 
 登記事項証明書(オンライン)  337円
 登記事項証明書(法務局) 500円

  サンプル見積り(わかりやすい報酬規定)


  
移転する不動産の価格が500万円の場合
 報 酬  実 費
事前登記調査 0 674
所有権移転登記(共有にする場合も同じ) 38,000  100,000
登記原因証明作成(含む贈与契約書) 10,000
登記事項証明書(登記簿謄本) 0 1,000
総額 48,000 101,674
消費税 3,840  
合 計 153,514円 
 ・(※)はマンションの場合です。
 ・上記の表が、そのまま実際の見積書(請求書)の記載内容になるとご理解下さって結構です。
 ・別途、郵送料や事務手数料などの追加報酬はありません。

 
【追加報酬がある場合の例】
  @ 現在の所有者の住所変更など、贈与とは別に必要な登記がある場合
  A 贈与者の本人確認のために、北摂外への出張が必要となる場合。


 メリット・デメリットについて


   メリット 
 一度に大きな金額を贈与できる。

 父、母ごとに選択できる。もちろん両親ともに選択も可。

 選択していない方からは、年間110万円の基礎控除(暦年課税)を適応できる。

 両方を選択すれば最高7000万円の控除が受けられる。

 清算は贈与時の価格によるので、将来値上がりしそうな財産を贈与すれば相続税対策になる。
  (しかし値下がりする可能性もあり不安定です)

 概ね相続税の支払いの心配のない場合は、積極的に生前贈与を図れるとされています。


   デメリット 
 暦年課税の基礎控除枠(年間110万円)が利用できなくなる。

 選択した場合は、将来において中途で変更はできなくなる。

 贈与時の価格で相続課税の計算で加算されるので不安定である。

 また、直接的な相続財産の減少にはならない。

 将来、相続放棄しても、相続税の納税義務からは免れられない(相続税の連帯納付義務)

 物納が不可になる。

 したがって、一般的には相続税課税の対象となる場合は、慎重な検討が必要となります。


一定の家屋について

 日本国内にあること

 家屋の登記上の床面積(マンション等の場合は、その部屋)50u以上であること

<中古物件の場合>
 
耐火建築物(マンション等)の場合は、取得日以前25年以内の建築
 
耐火建築物以外の建物の場合は、取得日以前20年以内の建築
 床面積の2分の1以上相当部分が、専ら居住の用に供されるものであること(※ ただし、平成17年4月1日以後に取得する中古住宅のうち、一定の耐震基準を満たすものについては、建築年数の制限はありません

<増改築について>

 日本国内の家屋であること(所有要件・居住要件)
 増築、改築、大規模の修繕、大規模の模様替その他の工事のうち一定のもの。
 工事費用が100万円以上であること。また、居住用部分の工事費が全体の2分の1以上であること
 増改築等後家屋の床面積の2分の1以上相当部分が専ら居住の用に供されること
 
増改築等後の家屋の床面積(マンション等の場合には、その部屋)50u以上であること。


贈与税以外の税金について


不動産そのものを贈与する場合は、次の贈与税以外の税金は必要となります。併せてご検討ください
 登録免許税   名義を変更する際に、収入印紙により法務局に納める税金です。

   不動産評価額(固定資産税評価額)の2%

         評価額が2000万円の場合40万円
 不動産取得税  贈与が行われた後、県府税事務所から納税通知書が送付されます。

   原則:不動産評価額の3%

ただし、軽減措置あり(詳しくは府税事務所などへお問い合わせ下さい)

・特に、既存中古住宅(つまり、現在住んでいる住居)についての減税がありますので、ご検討ください。

 大阪府税事務所
 大阪府のHP(不動産取得税について)

 <注意> 不動産を取得した人は、取得日から20日以内に最寄りの県府税事務所へ不動産取得申告書を提出しなければなりません。



  ↓ご家族間での贈与は下記のページをご参照ください↓

夫婦間贈与

 
一定の条件の下で夫婦間の居住用不動産の贈与について控除が認められています。
親子間贈与

 ご子息が家業を継いでいる場合等、自分が苦労して形成した財産を確実に子供に受け継がせたい場合などに利用できます。
住宅資金特則

 親子間贈与における特例
 住宅取得資金の贈与を受けた場合」が設けられており、適応要件が緩和されています




 サービスエリア
 吹田市
 豊中市・摂津市
 箕面市・池田市
 茨木市・高槻市
 淀川区・東淀川区
 その他の地域 

 

大きな地図で見る


〒565-0851
大阪府吹田市千里山西
1-41-23 2F
TEL 06-6310-8846