株主名簿の作成・据置

〇 株主名簿には次の事項を記載します。

1.株主の氏名・住所
2.株主の有する株式の数
3.株式を取得した日
4.株券発行会社である場合については備考欄に「株券不発行」の旨を記載します。

 株券発行会社になっている場合は、他の登記事項を変更する際に、株券不発行会社へ移行しておくことをお勧めします。

(∵ 実際に株券を発行している場合についての説明は割愛します)

〇 株主名簿は、実務上では、「株式の譲渡制限」を設定したり、また「株式発行会社」が「株式不発行会社」へ移行する際に、官報の公告に代わる方法として登記申請書に添付する場合が一般的です。

〇 株主名簿の他、いわゆる「株主リスト」というものがあります。大きくは変わりませんが、株主名簿には、「株式の取得日」についての記載が求められているところが特徴的です。一般的には、「設立」「増資」「相続」などの効力発生日をもって「株式の取得日」にしますが、その他、相続対策などで毎年株式をご子息などに譲渡をしている場合があります。詳細については、顧問税理士などが把握していると思います。