賃貸借契約(新)

(下書き中)

未完成のページです
  • 当事務所のサイトは、川崎が自分自身で日々作成更新しております。
  • 本ページは現在作成中で未完成であります。
  • 詳細は、お電話等でお問合せ下さい。

賃借物の修繕に関する要件の見直し

〇 賃借人が賃貸人に修繕が必要である旨を通知したか、もしくは賃貸人がその旨を知ったのに、賃貸人が相当の期間内に必要な修繕をしないとき

又は

〇 急迫の事情があるとき

この場合には、賃借人が目的物を修繕することができることとされ、賃借人が目的物を修繕した場合でも、賃貸人から責任を追及されることないことが明確化されました。

 

賃貸不動産が譲渡された場合について

〇 建物の賃貸借契約中に、その建物が譲渡された場合、譲受人が(新たな所有者)が、賃借人に対して、賃料を請求するためには、賃借物である不動産の所有権移転登記が必要であることが明確化された。

契約終了後の論点

  • 賃借人の原状回復義務及び収去義務等の明確化
  • 敷金に関するルールの明確化