民事信託とは

高齢者等の財産管理の手段としては、まず「遺言」と「成年後見」が考えられますが、近年、民事信託という方法も注目されてきました。このページでは民事信託にによる財産管理の方法について説明させていただきます。

民事信託は、A(父)とB(子)による契約であり、簡単にいえば「A(父)とB(子)が、C(父)のためにする契約」ということになります。ここで民事信託の特徴としては、Bは、自分自身の判断でAの財産を処分・運用できることが挙げられます。

不動産の民事信託

例えば、A(父)が、収益不動産(賃貸マンション)や駐車場などに活用できる土地を所有している場合、民事信託契約をB(子)との間で結ぶことにより、成年後見制度を利用せずとも、Bの判断で、そのマンションや土地を活用し収益を得たり、あるいは売却したりすることができます。成年後見制度を利用する場合の、第三者(裁判所や後見人)などの監視が不要となり、本人の意思能力があるうちに結ぶ契約であり、本人(父)が自分の意思を実現するための有益な方法であるといえます。