不動産と贈与について

 贈与で名義変更をする場合は、常に贈与税について気を配る必要があります。贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間に、「贈与」によって譲渡された財産の価額を合計し、税額を計算します。贈与税の計算するにあたっては、国税庁によって速算表が公開されていますが、「一般贈与財産」と「特例贈与財産」に区別されて計算することになっています。

国税庁のホームページ(贈与税の計算と税率:暦年課税)

  • 特例贈与財産は、直系尊属(両親、祖父母)からその年の1月1日において20歳以上の子・孫に対してなされた贈与に関する速算表となります。
  • 「一般贈与財産」と「特例贈与財産」の両方な計算が必要な場合について、上記のサイトで具体例が紹介されていますので、ご参照ください。