司法書士による裁判書類の作成

 簡易裁判所における訴訟代理とは別に、司法書士はその資格で、地方裁判所や家庭裁判所に提出する書類の作成をすることができます。

 ただし代理人にはなれませんので、例えば他の相続人との交渉事や遺言書の検認の立ち合いなど、弁護士でなければならない業務をすることはできません。

家庭裁判所に提出する書類の作成

〇 下記の報酬表は申立に関する相談及び書類の作成および裁判所への申立ての価額です。基本的に、例えば、成年後見申立てなどの場合については、書類を作成するだけでなく、面談などに同席など、出来る限り必要な手続きについて援助させていただきます。

報酬(税抜)
成年後見の申立て80,000
検認所の検認30,000
家事調停申立80,000
特別代理人選任30,000
不在者財産管理人選任80,000
失踪宣告申立80,000

地方裁判所に提出する書類の作成

報酬実費
訴状作成(地裁)50,000~印紙・郵券
答弁書作成30,000~
準備書面30,000~
  • 訴状や答弁書の作成
  • 準備書面・証拠説明書の作成など