自宅・不動産の名義を変更する場合|相続

 相続のため不動産の名義変更をする場合のサンプル見積もりを記載していますのでご参照下さい。基本的なサンプル見積もりの他、「不動産が複数ある場合」「相続人が多数になる場合」などの場合に、加算規定を設定しています。

具体的なお見積りもこのページに記載しているとおりですが、詳細についてはお尋ねください。

 サンプル見積り①

不動産が1つ(1か所)の場合

例)自宅の名義変更の場合など

報酬実費
事前登記確認335円
×不動産の数
登記申請38,000不動産評価額
×0.004
遺産分割協議書
(※下記)
10,000
相続関係説明図7,000
(※)
戸籍取得費
1,000
×通数
実費
(※)
税証明取得費
1,000
×役所
実費
登記事項証明書
(登記完了後取得)
500
×不動産の数
郵送通信交通費実費
合計報酬
合計額①
実費
合計額②
消費税税額③
総額①+②+③
目安○55,000円~
+書類取得費用など
○固定資産税評価額
×0.004
+諸経費実費

 見積り表の見方

 おおよその目安としては「報酬は約6万円であとは実費となります」とご案内しております。上記の表は、実際の見積もりを参照にして作成しており、特別な事情がない限り、上記の表のとおりとなります。

〇 特別な事情とは

  • 相続人が5人以上になる場合
  • 相続人に高齢者がいて、意思確認のために出張が必要となる場合(吹田・豊中・箕面内は別途出張費は発生しません。但し、交通費は掛かります)
  • 相続人に未成年がいる場合において、特別代理人の選任が必要な場合
  • 自筆証書遺言があり、別途、検認の申立ても受任する場合

〇 遺産分割が不要な場合

  • 相続人が1人の場合
  • 「法定相続分」で登記をする場合
  • 「公正証書遺言」がある場合

 この場合には、上記の見積もり表から「遺産分割協議書」の費用は控除されます。

 

 サンプル見積り②

不動産が複数(別管轄)の場合

例)「自宅」の他、別荘がある場合など複数の場所に不動産がある場合

報酬実費
事前登記確認335
×不動産の数
① A法務局への申請38,000評価額
×0.004
② B法務局への申請26,000評価額
×0.004
③ C法務局への申請26,000評価額
×0.004
遺産分割協議書
(※下記)
10,000
相続関係説明図7,000
(※)
戸籍を取得する場合
1,000
×通数
実費
(※)
税評価証明を取得する場合
1,000
×役場の数
実費
登記事項証明書
・完了後取得
500
×不動産の数
申請郵送費実費
合計報酬
合計額①
実費
合計額②
消費税税額③
総額①+②+③

 見積り表の見方

 複数の場所に不動産がある場合(自宅の他、別荘や故郷に不動産がる場合など)

  • 相続人が5人以上になる場合
  • 1か所について不動産が4つまで。
  • 相続人に高齢者がいる場合において、本人の意思能力の確認のため出張が必要な場合
  • 相続人に未成年者がいる場合において、特別代理人の選任な必要な場合
  • 自筆証書遺言があり、別途「検認」の手続きも依頼頂ける場合

次の場合は「遺産分割協議書」は不要です。

  • 相続人が1人の場合
  • 「法定相続分」で登記をする場合
  • 「公正証書遺言」がある場合